初めて動物病院利用したのは飼っていたインコが食欲をなくし、足を引きずって歩いていた時でした

| 頼れる動物病院

私が初めて動物病院利用したのは飼っていたインコが食欲をなくし、足を引きずって歩いていた時でした。ただ可愛いと溺愛していたせいもあり、心配でたまらず病院へ行きました。鳥も人間と同じく寒かったり、食欲不振に陥ることをこのとき始めて知りました。食欲不振に関してはお薬が出てすぐに治りました。私が一番驚いたのは足のほうでした。ちょっと怪我していたのですが、消毒の仕方、この消毒は私達人間がたまにうがいなどで使うもので足を消毒するだけという至ってシンプルなものでした。病院へ行ってから数日で、以前のようにピョンピョンと飛び回ったり、先日までの元気のなさはどこへ?って感じです。犬や猫を飼っているわけではなく、鳥だったのにとても親切に診察して下さり、また親身にこういうときはこうすればいいなどのアドバイスまで下さったのです。人間の病院でも最近ではここまで親切にはして下さいません。もしもまた可愛い鳥ちゃんに何かあったら、同じ病院の門を叩くと思います。犬でも猫でも鳥でも一緒に暮らしている以上は家族の一員ですから、何か病気かなと思ったら頼れるそんな動物病院があるといいですよね。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2021これで採用が決まった!医療求人編.All rights reserved.